あじさい園・あじさい園宝では、歯科医師・歯科衛生士・生活相談員・ケアマネジャー・看護職員・介護職員等の多職種連携により、 広い意味での口腔ケア(※) に力を入れています。あじさい園・あじさい園宝の両園長は歯科医師であり、H8年のあじさい園開園時より、 口腔ケアの大切さを職員・ご利用者・ご家族・地域の皆様に伝えて参りました。 地道な努力の積み重ねにより当園ご利用者の風邪やインフルエンザ・肺炎(誤嚥性肺炎)の罹患率は非常に低いことが明らかになり、 口臭もなく、そのため園内の臭いが全く気にならないと、多くの方からおほめの言葉をいただいてまいりました。
 現在、国は健康寿命を延ばし、要介護(ねたきり)の期間を短くするという目標をたてていますが、そこでの口腔ケアの役割は大変大きいと、 厚生労働省からも注目されています。あじさい園・あじさい園宝の歯科医師や歯科衛生士は、あじさい園での長年の実績を認められ、口腔ケアに関するさまざまな研修会の講師として出向いています。 そのような研修会資料を、ホームページ上に公開し、口腔ケアについて関心のある方々や、日々高齢者介護の現場で、ご努力されている方々にご覧いただき皆様のお役に立てれば幸いと存じます。
 (※)広い意味での口腔ケア
 1.口腔の清掃(歯・舌・義歯)
 2.口腔機能の回復(歯科治療)
 3.口腔機能の増進(摂食・嚥下・構音訓練)

 

(あじさい園  園長・歯科医師 松村 清子)

(あじさい園宝 園長・歯科医師 山田麻記子)

講演内容を掲載しています。

■誤嚥性肺炎について

        (R4.5.21)

■知っておきたい口腔領域の知識と技術(R3.12.15)


口腔ケアの情報を掲載しています。(あじさい園宝 歯科医師)

■口腔ケア1回~10回

■口腔ケア11回~20回

■口腔ケア21回~30回

■口腔ケア31回~40回


■口腔ケア41回~50回

■口腔ケア51回~60回

■口腔ケア61回